ブリランテアート第二作目となる飾り皿は、人類文化史の遺産ともいえる『大嘗宮』がテーマとなりました。
皇居東御苑に建つこの荘厳な建物を実際に目にしたことがある方はそう多くはないでしょう。なぜなら大嘗宮は、天皇の代替わりの時にのみ造られ、儀式を終えるとほどなく解体されてしまうからです。
この作品は、令和元年11月15日の大嘗祭が行われたのちの一般公開の際、藤島博文自らが現地を取材したスケッチをもとに約5年の歳月をかけて描かれました。

『大嘗宮』を描いた作品は歴史上かつて存在しません。
役目を終えると跡形も残らない為でもあると思われますが、大嘗祭という儀式そのものが秘儀であることも大きな理由と言えるでしょう。
けれども、神聖な儀式そのものは秘儀であったとしても、大嘗祭のもつ意義深さは、深く学べば学ぶほど、現代において非常に重要な気づきを私たちにもたらしてくれます。

一般社団法人家宝の会は、日本中、世界中に大嘗祭の精神性を広めるため、金銀にきらめく飾り絵皿を制作し、大嘗祭の意義を伝える小冊子と共に発表いたします。